技術紹介

可視化
画像をクリックすると、大きいサイズで表示されます

可視化ツール

可視化ツール
 フリー/商用のデータプロッタツール、可視化ソフトウェアツールを有効利用することで、数値データや科学技術計算の結果を、わかりやすく、かつ現象を理解しやすく可視化し、高品位な出力を心がけています。
 よく利用している可視化ツールの中からフリーのものを紹介します。
gnuplot
 命令を入力しながら対話的にグラフを描いて行くアプリケーションソフトです。
 詳細は こちら
JPG(28KB)
GMT(The Generic Mapping Tools)
 ハワイ大学の地球物理学者2人が自ら利用するために開発した地図投影とデータプロットのためのツールです。
 詳細は こちら
JPG(34KB)
PLOTMTV
 PLOTMTVは、MTVフォーマットの数値データ用の多目的作画プログラムです。
 詳細は こちら
JPG(5KB)

景観CG

景観CG作成技術
 景観との調和もしくは建設予定地住民のプレゼンテーション対応のために、現況に架空(建設予定)の建物や施設などの合成CGを作成して建物の形状や色彩等を検討する事が出来ます。また、作成したCGをWebに実装する事も行っています。
3DCG作成技術
 3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)ツールを駆使して、正確かつ迅速にリアリティのあるCGを作成する事が出来ます。

Virtual Reality

VR技術
 建設予定の敷地内や建物内部、実際には危険で入る事が許されない場所や架空の空間(分子構造内部)などで起こっている現象を理解させる事は非常に困難ですが視覚的に訴える事により理解する(させる)ことが容易になります。当社では、この様なバーチャルリアリティ(VR)空間やVRシステムを作成しています。
シミュレーション
ネットワーク・データベース
プログラミング
可視化


技術紹介一覧